設計の流れ

1、ヒヤリング

建て主さんから夢、希望をお聞きします。はっきりとしたイメージが無くても構いません。初めは小さな相談から始まります。

土地が決まっていない場合は、土地探しについてもお手伝いいたします。

 

 

2、現地調査、法チェック

計画に関連するあらゆる法規を事前チェックします。

現地に行き、土地を読みとります。

光の入り方、風、におい、歴史、風土、あらゆる事を感じ、そして読み取ります。

土地を読み取りながら、建物が頭の中にイメージが浮かび上がり、私がその建物の中を自由に歩きます。そして光の入り具合、風の流れをイメージします。

土地を読めば、そこに建つ家の大きさ、かたちが感じ取れます。

計画の大部分はここで完成し、図面作業に取り掛かります。

 

 

3、プレゼンテーション

図面や模型等で説明させて頂きます。

建て主さんが他の建築家に浮気しない事を条件に、納得いくまで何度も図面を描き直します。

建て主さんの「夢」を実現させるのは当たり前ですが、私自身が納得いくまでスケッチを繰り返します。そのスケッチは数千枚に及ぶことも珍しくはありません。

 

 

4、設計契約

合意に達して建て主さんと設計・監理契約をさせて頂きます。

 

 

5、基本設計

建て主さんの「夢」、「希望」、「理想」を基に沢山のスケッチや模型をつくり検討しながら作図します。

 

 

6、実施設計

目指すのは「質を落とさない最高のローコスト」。

部屋の大きさ、窓の大きさ、照明の位置等、色々な部分を詳細図で検討し、ミリ単位の調整、検討を繰り返しながら決定して行きます。

実施設計は平均約2~3週間の作業時間を要します。

仕上げ、設備等の細かな打合せをさせて頂きます。

 

 

7、確認申請

札幌は日本全国を対象にした民間確認検査機関があります。

地方遠隔地の場合、民間の確認検査機関を利用します。

 

 

8、工事業者数社に見積り依頼

建て主さんに指定工事業者が無い場合、工事業者数社に見積りを依頼します。

 

 

9、見積りチェック、工事業者決定

建築家の目で、適正に見積っているかどうかをプロの目で厳しくチェックします。

まず第一に安いこと。

そして安心して工事をしてもらえる会社であるかどうか。

見積り項目、見積りの明細をみれば、信頼できる会社かどうか直ぐに分かります。

建て主さんと協議の上、工事業者を決定します。

 

 

10、工事着手

何事も最初が肝心です。

設計する会社が施工をする場合、このチェックは行わないのが現実です。

設計事務所が、建て主さんに代わって厳しいチェックを行います。

 

 

11、工事監理

材料、製品、色、メーカー等に間違いはないか確認します。

現場には週1回最低足を運びます。多い時は毎日。

地方遠隔地は、業者とメールでやり取りしながら、写真等で現場をチェックし、月に2~3回は現場に行きます。

図面通りに工事が進捗しているか、現場監理します。

図面通りでない所があれば、直ぐにやり直させます。

 

 

12、竣工、引き渡し

建て主さんの満足な笑顔、嬉しい表情。

建て主さんが喜んでいるこの一瞬の為に、私は建築家をしているといつも思う。

 

「建築」とはフランス語で「女性名詞」です。

竣工して、建て主さんに家を引き渡す時、またひとつ大切な娘を嫁に出した気持ちになります。

 

メンテナンスも大切です。いつまでも建て主さんに愛され、大切にして頂きたい。

そして、建て主さんと共にいい年の取り方(品のある、風格のある)をして頂けるように願っています。